ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

フリーページ
rss atom
デジタルオーディオロジック基板

ESP32-WROOM-32とMAX V CPLDを載せたデジタルオーディオシステム用ロジック基板です. 旭化成エレクトロニクスのAK449xシリーズのDAC基板を使うことでデジタルオーディオプレーヤー,ネットワークオーディオシステムが構築できます.

【特長】
● CPUにIoTマイコンのESP32-WROOM-32モジュールを採用
● CPLDにIntel(Altera)のMAX V(5M570ZT100)を採用
● データ入力はAmanero Combo384(またはその互換基板)のUSB,LVDS to I2S基板のRJ45そしてXHコネクタのI2Sに対応し切り替え可能
● DACはマイコンのI2Cシリアルバスでレジスタコントロールモード制御
● ロジック基板とDAC基板はデジタルアイソレータで電気的に完全分離可能
● DACとのインターフェースはI2S,I2Cとも2系統用意されているためデュアルモノ構成が容易
● I2Sデータ,クロックの送信(CPLD)から受信(DAC)までポイントツーポイントで接続されスタブ(分岐)がない為,信号品質の劣化を極力抑えることが可能
● ファームウェアのバージョンアップ用にピンソケットを用意
● 基板外形寸法:90mm x 100 x 20mm
【適合基板】
【参考資料・記事】

■■本製品の仕様や外観は改良のため予告なく変更することがあります。■■


・ 販売価格

12,000円(内税)

・ 購入数