ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

フリーページ
rss atom
AK4490 32bit BBB(G) DACキット

BeagleBone Black に接続する AK4490 DAC キットです.セットとなる基板は DSD-A4490 基板,レジスタコントロール&アイソレーション基板(RCI-A4490),BBB ブリッジ基板(B2R-5100 Type-AK 黒),プッシュスイッチ付ロータリーエンコーダー基板(ATT-A4490S),リレーミュート RCA ジャック基板そして DC-DC 電源基板の構成になります.また,基板を取り付けるアクリルのベースボードが付属します.

※本キットはご入金確認後発送までに10日程の時間をいただく場合があります.
※付属するアクリルのベースボードの色は複数ありますが選ぶことはできません.
※BeagleBone Blackは付属しません.

【DSD-A4490】
● ディジタル入力は最大 768kHz の PCM 入力と 11.2MHz の DSD 入力に対応しています.
● DAC チップの電源回りに使用する電解コンデンサは OS-CON を使用しています.また,アナログ 5V は L チャンネル R チャンネルそれぞれ独立して LDO にて生成し各チャンネルのリファレンス電圧用電源と各チャンネルの電源として供給しています.
● フィルタ回路には誤差 2% のパナソニック製の ECHU フィルムコンデンサと誤差 0.1% の薄膜抵抗を採用して正確なフィルタ特性と高音質化を実現しています.
● フィルタのオペアンプは音質に定評のある NE5532 を採用しています.また,ソケットに実装していますのでオペアンプの交換が容易に行え音質の変化を楽しめます.
【RCI-A4490】
● AK4490/AK4495 の内部レジスタの設定は 16 ピンヘッダーのオープン/ショート,ディップスイッチ SW1 のオン/オフで行います.
● ディジタルアイソレータ IC により,デジタル回路部と DAC 回路を電気的に分離します.
● オプションのアッテネータ基板(ATT-A4490S)を接続することで,DSD-A4490 基板の出力を 0dB 〜 -127dB まで 0.5dB 毎に可変できます.
【B2R-5100 Type-AK Black】
● BeagleBone Black のオーディオ用の水晶発振器を2つ持ちサンプリング周波数44.1kHz ファミリーのマスタークロックと サンプリング周波数48kHz ファミリーのマスタークロックを切り替えて BeagleBone Black に供給します.
● 水晶発振器は音質に定評のある京セラの KC7050K シリーズを採用しています.
● コネクタ CN4 に ATT-A4490S 基板に接続された2ピンのコネクタケーブルを接続することで BBB(G)の POWER のオンオフを ATT-A4490S のつまみを押下することで行えます.
【DC-DC 電源基板】
● LTC3261 反転型チャージポンプを使用し マイナス電圧を生成しています.
● 3電源とも三端子レギュレータで安定化しています.
● 出力電流は +12V 200mA,-12V 100mA,+5V 200mA 程度が目安となっています.
● DC 入力は 15V〜19V の AC アダプター(1A 程度)をご使用ください.
【リレーミュート付きRCAジャック基板】
● リレーによるミューティング回路を搭載した RCA ピンジャック基板です.
● オペアンプ電源(±12V)が安定するまでの間出力をミュートすることでアナログ電源オン時に発生する可能性のある「ボツ音」を軽減します.
【同梱品】
● 基板間の接続用コネクタケーブルと基板固定用のスペーサ,ビス,ナットが同梱されます.
AK4490_BBB-08.jpg(232087 byte)
2ピン-2ピン:3本
3ピン-3ピン:3本
6ピン-6ピン:1本
6ピン-4ピン+2ピン:1本
AK4490_BBB-07.jpg(314754 byte)
メス−メス15弌4個
メス-メス 11弌4個
オス-メス 11弌2個
スペーサー5mm:10個
スペーサー5mm(白):4個
M2.6 x 12mm:14個
M2.6 x 6mm:8個
M2.6 ナット:6個
【基板接続方法】
1. アクリルのベース基板に5mmのスペーサーをM2.6x12mmのネジで取り付けます.
AK4490_BBB-01.jpg(102115 byte)
2. BeagleBone BlackまたはGreen,リレーミュート付きRCAジャック基板(以下RCAジャック基板),DSD-A4490基板をスペーサーの上にのせます.BeagleBone BlackまたはGreen基板をメス−メス11mmのスペーサー4個で固定し,RCAジャック基板をメス−メス15mmスペーサー2個で固定します.DSD-A4490基板のRCAジャック基板側をメス−メス15mmスペーサー2個で,反対側をM2.6のナット2個で固定します.そしてATT-A4490Sの固定用にM2.6x12mmのネジ4個にスペーサー(白)を置きます.
AK4490_BBB-02.jpg(218437 byte)
3. 片側6ピン片側4ピン2ピンのコネクタケーブルを接続したATT-A4490S基板をスペーサー(白)に載せM2.6のナットで固定します.尚,ATT-A4490S基板を固定する前にBBB(G)にμSDカードは挿入しておきます.RCAジャック基板のCN201,CN202,CN203とDSD-A4490基板のCN9,CN8,CN7を3ピンのコネクタケーブルと2ピンのコネクタケーブルで接続します.DSD-A4490のCN1,CN3に6ピンのコネクタケーブルと3ピンのコネクタケーブルをCN5,CN6に2ピンと3ピンのコネクタケーブルを挿入します.
AK4490_BBB-03.jpg(215742 byte)
4. BBB(G)のP9にBBBブリッジ基板CN1を挿入しコネクタ側をM2.6x6mmのネジ2個とオス−メス11mmのスペーサー2個で固定しCN5にATT-A4490S基板の2ピンコネクタを接続します.DC-DC電源基板をM2.6x6mmのネジ4個で固定します.DSD-A4490基板のCN5,CN6をDC-DC電源基板のCN2,CN3に2ピン,3ピンのコネクタケーブルで接続します.
AK4490_BBB-06.jpg(239340 byte)
5. RCI-A4490基板のCN1をBBBブリッジ基板のCN2に挿入しM2.6x6mmのネジ2個で固定します.CN1,CN3を6ピンと3ピンのコネクタケーブルでRCI-A4490基板のCN3,CN4に接続します.そしてATT-A4490S基板からの4ピンコネクタケーブルをRCI-A4490基板のCN5に接続して完了です.
AK4490_BBB-04.jpg(216999 byte)
AK4490_BBB-05.jpg(175527 byte)
【参考資料・記事】

■■本製品の仕様や外観は改良のため予告なく変更することがあります.■■


・ 販売価格

25,700円(内税)

・ 購入数